So-net無料ブログ作成
検索選択
摂取方法例

「アオハライド」ネタバレPAGE.48予想:別マ2015年2月号

アオハライド別冊マーガレット2015年2月号
単行本では 第13巻の
PAGE.48のネタバレ予想をしていきます。


個人的な感情と希望も入っていますが、
あくまで妄想ということで置いておいてください。



まず前回までのあらすじですが・・・



洸の家で勉強をしている二人
そこに小湊くんも修子のことで相談をしにくる。
そして二人は二人のきっかけづくりを手伝うのであった。


夕食の鍋を田中先生と食べていると
お父さんも帰ってきて一緒に食べることに。


そして飼っている猫にお父さんが
「よしおかくん」と呼んだことで
洸が家で猫を吉岡と呼んでいることが判明。


洸の気持ちがわからないと不安になっていた
双葉もうれしくなるのだった。



アオハライド別マ2015年2月号
PAGE.48のネタバレ予想をお伝えします。


スポンサーリンク






アオハライド ネタバレ PAGE.48【別マ2015年2月号】




バレンタインの日
洸と双葉、修子と小湊で
バレンタインデートをすることになっていた。


そのため小湊は洸の家で
一緒にチョコを作ろうと洸を誘う。


がらにもないが、
洸まで巻き添いをくらい
一緒に逆バレンタインをすることに・・・


そんなこんなでできたチョコ。


ーーーー

4人で遊ぶ当日。


小湊は自分の作ったチョコを村尾に渡し、
告白するのだった。


「今なら誰よりも村尾のことを幸せにできる
俺と付き合ってくれ 」


村尾はしばらく間をおいて
こころよく受け取るのだった。


村尾を今までのことを振り返っていた・・
今まで小湊くんが私にして優しくしてくれたことの数々。


自分が小湊に惹かれていった経緯を振り返っていた。


ーーーー

一方、洸と双葉はカップルとして迎えた
初めてのバレンタイン。


イチャイチャしながらデートをしていた。
この時は小湊たちとは別行動。


そこに、成海が現れて
洸に突然チョコを渡すのだった。


しかし洸は
「受け取れない」
と断る。



まったく洸は気持ちが揺らぐこともなかった。


それを見た双葉もうれしくなり
本当の恋なのだと不安が一気に消えていくのだった・・・






なんて勝手に予想してみましたが、
読み返してみてもあり得ない展開多かったですね。。。笑




前回の47話は
完全に付き合ったばかりの新鮮なカップルの
イチャイチャぶりを見せつけられました。


でも二人がうまくいっていて
とりあえずは良かったですよね。


そうなると48話では
小湊と修子のバレンタインデート
ポイントになってくるのは間違い無いですね。


みなさんはどっち派でしょうか?


・修子はこころよく受け取る
・田中先生のことが気になっているので断る


この流れは個人的にはうまく行く方に
考えています。


ここで断ってしまって、
修子と小湊がメインのアオハライドになっても
つまらないですもんね。


基本やっぱり洸と双葉の
すれ違いがメインの漫画なので、
このバレンタインをきっかけに大きな問題が
二人に起きたりしないかと・・・
考えてしまったりします。


たとえば・・・


菊池君がまた双葉の前に現れて
それこそ逆バレンタイン。。


もっと頑張れることがあったのではないかと
本人も前に後悔していましたので、
もしかしたら・・・


なんてことはないか。


基本的にこの漫画には悪い人がでてこないので、
ここに一人くらい悪い人がいるといろんな展開があるのですがね。


ここで菊池もしくは成海に悪い人として
出てきて一悶着おこしてほしいなんて願うのは・・
よくないことでしょうか??


●アオハライドのネタバレ全話を無料で見れます↓
アオハライド320_150バナー.png



<<<前へ PAGE.47ネタバレ




>>>次へ PAGE.48ネタバレ




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 「アオハライド」ネタバレ画バレ最新話情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。