So-net無料ブログ作成
検索選択
摂取方法例

「アオハライド」ネタバレ画バレ5巻(16話page15)

アオハライド第4巻の16話PAGE.15のあらすじをお伝えします。
ネタバレにご注意ください。

まず前回までのあらすじですが・・・


勉強会にも前向きに変わった洸。
期末テストでは
教えてもらって他メンバーを差し置いて
学年15位という結果。


夏休みに入るため、
今後の予定をたてたいと思うみんなをよそに
先に帰っている洸。


そんな洸を追いかける
双葉と悠里。


村尾は田中先生と話していたー
村尾をめんどくさいと思ったことは一度もない
と言う田中先生にキュンとする村尾。


そしてその先生に
小湊くんはおもわせぶって傷つけたら
マジで許さないと言う。


田中先生は
「傷つかない結末だったらお前はいいんだな?」


と意味深な発言・・・
この意図とは


人気コミック漫画「アオハライド」
の第4巻16話PAGE.15のネタバレと
画バレを見た感想をお伝えします。

「アオハライド」第4巻ネタバレ 16話 PAGE.15


夏休み洸に会える最初のイベント
ーー花火大会


双葉と村尾のあとに遅れてきた悠里。
浴衣をきてきていた。


「私だってがんばるもん」


洸にもなかなか似合っていると褒められて
喜ぶ姿がとても愛らしい・・


今日の悠里はしょっぱなから飛ばしていて、
かき氷もお互い交換して食べあっていた。
まるでカップルみたいに・・・


悠里の浴衣姿がかわいくて
可愛くなりたいと思う双葉だったが・・


また化粧をして洸に
「似合わない」って言われるのが怖くて化粧もできないのに・・・


少しつまずく悠里に大丈夫と声をかけると
「馬渕くんにつかまらせてもらうから平気」
と悠里。


双葉より必死に洸に近づこうとする悠里ーーー



するとたまたま図書室でぶつかってしまった
あの男子生徒に出くわす。


「向こうで話・・・いいかな?」


以前に図書室で洸を追いかけてぶつかってしまった時
彼のあそこを触ってしまった事をお互い気にしている。


男子生徒
「あのことはもう忘れて」


双葉
「都合よく忘れられないよ」
「私初めてだもん・・」


そこにいきなり洸が入ってきて
「お前それどういうことだよ」
「そういう事しといて一方的に忘れろってなんだよ」


とまくしたてるも
事情を聞いて謝る洸。


戻ってきた洸だったが
どことなく不機嫌そうに見えた悠里。


いくら距離を縮めようと思っても全然縮まらないことに
かなり落ち込む悠里。


やっぱり馬渕くんは双葉ちゃんのことがすきなのかな・・・


このままだと嫌な子になってしまうと思った悠里は
そこで洸のことが好きだとつたえるのだった。


悠里
「私馬渕くんのことが好き」



「ありがとう。でも俺槙田のことそういう風に見たことなかったから。ごめん」


ーー今日は帰ったら思いっきり泣こう


ーーーー


あれから悠里は洸のとなりに行こうとしなくなった。
もしかしたら悠里は告白したのかな?
と思った双葉は
自分だったらちゃんと
「好き」という言葉がいえるのかな?


そして好きって言葉をくちにしたら
どんな感じなのだろうかーーー


踏切で電車が通ってる中
勇気を出して行ってみる


「す・・き・・」


やっぱり洸には聞こえなかった。



ふと夏祭りのチラシが貼ってあるのを見つける。
二人がいけなかったあの夏祭り・・・


あの時の約束がわかりづらかったよねと
会話している二人



「7時三角公園の時計のとこ」


やっぱりわかりにくいと笑っている双葉。



「今のはお前と新しく約束したつもり
今度こそいくか」


>>>続く
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 「アオハライド」ネタバレ画バレ最新話情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。