So-net無料ブログ作成
摂取方法例

「アオハライド」のネタバレ画バレ3巻(13話PAGE.12)

アオハライド第2巻の8話PAGE.8のあらすじをお伝えします。
ネタバレにご注意ください。

まず前回までのあらすじですが・・・


ようやく洸の事が好きだと
悠里に伝えることができた双葉。


同じ人が好きになっても
悠里は快く迎えてくれ、
まったく離れていく事はなかった・・


双葉はあるひ洸が
夜な夜な都会で友達と会っているところを尾行する。
洸の新しい世界を見て、
何も洸の事を知らない自分を知る。


洸は「大事なものを作っちゃうと
いろいろしんどくなる」と言っていた・・・



人気コミック漫画「アオハライド」
の第4巻13話PAGE.12のネタバレと
画バレを見た感想をお伝えします。

スポンサーリンク







「アオハライド」第12話:page11のネタバレ



「大事なものをつくっちゃうと
いろいろしんどくなるから」
という洸の発言を悠里にもつたえる双葉


中間テストも近いのに歩き回っていたから
テストの結果も心配する双葉と悠里。


やはりテストの結果は
残念なのもだったということが、
田中先生大好きの村尾さん情報ではいる。


しかも進級できなかったら学校やめてもいいとも言っているのだとか。


そうなると
洸は友達のことも大事に思ってないのかな・・・
と無性に心配になる。


だから自分たちが学校が楽しいと思ってもらえるように
巻き込もうと決めたのだった。


ーーーー



ある時授業中に洸を見ていたら、
こっちに気がついた洸と
ノートにくだらないことを書いて見せ合って
子供のけんかのような会話をしていた。


すると先生に見つかり怒られることに・・・


そのあと洸と
「怒られたのはお前のせいだ」
などど話していると、
小湊君がやってくる


「お前なんか顔ちがくね?」


というのも少し双葉は化粧をしていた。


「化粧っ気のなかったやつが
化粧を始める理由それは・・・
恋だな」



そんな双葉に洸は
「似合わない」


ひどい・・・


ーーーーーーーーー


小湊くんと購買へむかっていると、
特進クラスで一緒だった同級生が
洸に話しかけてくる。


「馬渕って特進の頃から
テスト悪くてクラスで浮いてたから
お前一般の方が合ってるよ」



「しかも特進入れたのは田中先生のおかげだろ」



それにキレたのは小湊くんだった。
「お前らいい加減にしろよ」


なんでお前がきれてんだよと落ち着かす洸だったが、
そんな洸にむかって
「自分の友達がこんなん言われたら
腹がたつにきまってんだろーー」


ーーーー


小湊くんからの提案で
テストの成績が悪かった洸の家で勉強会をすることに。


そしてみんなで勝手に
洸の家に押し付けた。


「特進のやつらを見返してやろうぜ」
でも洸はそんなのお構いなしに寝ている。。


先に勉強をとりあえず始めるみんな。


しばらくすると洸がおかしに手を伸ばす。
「勉強しないと食べちゃだめ」


しょうがなくわかったよという洸。


そして「お前は何が得意なの?」
という言葉に妙にドキドキする双葉だった。


ーーーー

飲み物用のグラスを取りに来た洸のもとへ
悠里がやってくる。


悠里は洸に
「双葉ちゃんのことがすきなの?」
と聞くが、洗い物をしている水の音で何も聞こえなかったようだ。


そしてなかなか戻ってこない悠里と洸
を心配した双葉も見にくると・・・


少し奥の部屋から出てきた洸。
そして後ろにはうつむいた悠里。


「何かあった?」


悠里
「何もないよ・・・」
あからさまに何もないわけない感じで答える。



ネタバレ全話無料購読はこちらをクリック↓

アオハライド320_150バナー.png




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 「アオハライド」ネタバレ画バレ最新話情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。